« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

CQ World Wide WPX Contest 2日目

CQ World Wide WPX Contestの2日目は、参加せずに家でのんびりして
いました。昨日の交信結果をハムログに入力したりしていたのですが
昨年つながったきりの局との再交信があったりして、1年ぶりの交信
に懐かしく思いました。

今回の交信で最年少のアマチュア局と言えば、やはりAHOBT局では
ないでしょうか。CQ誌などにも記事が掲載されていたりしていたので
ご存じの方も多いと思いますが、7L1FPUさんのご子息(小学校中
学年ぐらい?)がマリアナ諸島からコンテストに参加されていました。

そのオペレーションぶりは、お見事でした。バックで大人の方がアシス
トしている声も聞こえましたが、パイルをコンスタンスにさばいていま
した。コンテストですから、主に定型句での交信になるわけですが、
英語でパイルをさばき長時間、集中力を維持しているのは脱帽です。
今後が楽しみですね。

2009年3月28日 (土)

CQ World Wide WPX Contest

 花粉症患者なので、この時期は殆ど外出はせずに職場と自宅の行き来のみ
に徹しているのですが、今年は比較的症状が軽く今週末は、花粉予報も少な
めなのでWPXコンテストに合わせて移動運用をすることにしました。

しかし・・・。いきなり寝坊しました。花粉症の薬は、非常に強い眠気を
作り出すため、見事に寝坊。自宅を出発したのは11:00頃でした。
移動先には、12:00頃到着。まずは、簡易アンテナでコンディション
を把握したのですが、サンスポットがゼロだけあってパッとしません。
アンテナは、2ELーHB9CVと垂直ツェップを持ってきたのですが
このコンディションでは遠距離は、狙えそうもないので垂直ツェップ
だけを設置することにしました。

運用を開始すると、混信がきになりました。いつもは、2ELーHB9
CVで指向性を出しているため、きにならないのですが垂直ツェップは、
無指向性であるため、周波数によっては混信しています。DSPでそのあた
りは、やり過ごしましたが本格的にコンテストに参加するときは、八木系と
垂直系の使い分けをしなければなりません。

今回のコンテストは、寝坊をしたたためモチベーションは、非常に低くなり
途中、昼寝をするという暴挙までやってしまいましたが「ベトナム、パプア
ニューギニア」という私にとってもニューエンティティをゲットできました
ので、大満足でした。

明日も参加しようかと、考えていますが花粉予報しだいです。 

2009年3月23日 (月)

All Asian DX Contest 結果発表

 All Asian DX Contestの結果が発表になりました。結果は、あまり満足のいくものではあり

ませんでしたが楽しめたので良とします。All Asianと言うだけあってアジア各局が主役の本コ

ンテスト、リザルトを見るとあちらこちらで見覚えのあるコールサインがありました。高校生の

時につながったきりのマカオの某局とかのコールサインもあって懐かしく感じました。

今年も泊まりがけで、コンテストに参加する予定ですが昨年の反省点を生かしてアンテナを

八木系、垂直系の2系統用意し切り替えて運用する予定です。

2009年3月 8日 (日)

三度目の正直 CW

ペーパー3アマなので電信は、全然駄目なんですが電信には興味があるので最近、受信練習をやってます。今まで数度、こんなことがありましたがいつも挫折です。思うに符号をビジュアル的に覚えてしまうので、いつも挫折するような気がするので、今回はリズムのみで覚えることにしようと考えています。

なにを隠そう、高校生の時はバンド活動(音楽の方です)もしていたので、リズムなら覚えられるかもしれません。ということで、今度こそは、CWデビューを目指したいですね。

まだ覚えていないのに、エレキーのカタログをみてしまう今日この頃です。

2009年3月 3日 (火)

RTTYまもなく運用開始

RTTYを運用する為に先週から免許の変更を申請中です。CQ誌とかWEBの情報を参考にオンラインにて、申請したのですが、紙媒体での申請に慣れきっている私にはやはり使いにくいです。しかしながら、申請から許可までの時間、手直しが生じても直ちに修正が利くのはメリットが大きいのでオンライン申請にしました。

送信機系統図は、CQ誌にでていたものをスキャナで読み込んで関係のあるところを修正し、一太郎ファイルで作成しました。そして、分かる範囲で変更申請を行い、いざ申請しました。

が・・・・。翌日に補正依頼(修正依頼)が来ました。

・技術基準適合機種であっても、RTTY等の付加装置をつけると適合機種としても資格を失うので技適番号
を消して、申請にしてください。

とのことでした。つまり、通常の申請通り電波形式とか終段間電圧とかを記入しなければなりません。ただし、送信機系統図の無線機の部分は、技適番号を記入することで無線機の子細は、省略できるようです。

気を取り直して、補正して再提出。紙媒体でしたら再提出にも時間がかかりますから、この点オンライン申請は便利ですね。

Powered by Six Apart